Menu
HOME>トピックス>インターンシップで学費を稼ぎながら経験を積める

目次

実習中心の授業内容への評価

パティシエ

授業の8割以上を実習に割いているパティシエ専門学校では、最終的に自分が考案したレシピで調理をすることを目指します。その過程では、現役のパティシエに学びながら基礎を一つ一つ学ぶことができます。他のパティシエ専門学校と大きく異なる点は、はじめから最後まで行うことです。グループワークでは分業制度なので、その過程では自分が携われない工程も出てきてしまいます。そういった弱点を克服するために導入された一人一製作というスタイルは、苦手な分野を残さず、職人として即戦力になれる実力をつけることができます。

正直なところ、パティシエ専門学校は学費がかなりかかります。そこで、学費を補うために給与を得ながらインターシップで現場経験を積むカリキュラムがあります。働きながら現場で必要なスキルを身につけることができ、学費に必要なお金を稼ぐことができることから、負担を軽減することができるのです。インターンシップ先は専門学校が提携を結んでいるカフェやケータリング事業を展開している会社、それにレストランなどです。様々な選択肢が用意されているので、自分の将来目指す職業を想定しながら、インターンシップを選べます。

広告募集中